ページトップへ

関係・協力医療機関

 関係医療機関


 協力医療機関


地域の連携病院は、『埼玉医科大学国際医療センター』です。万が一、入院治療が必要な場合や、緊急手術を要する場合は、埼玉医科大学国際医療センターへ連携致します。
※ご希望がある場合はスタッフにご相談ください。
 
→埼玉医科大学国際医療センター 脳卒中外科
→埼玉医科大学国際医療センター 脳卒中内科
→埼玉医科大学国際医療センター 脳血管内治療科
→埼玉医科大学国際医療センター 脳脊髄腫瘍科

ごあいさつ


栗田 浩樹
埼玉医科大学国際医療センター 
  脳卒中外科・教授・診療部長
  脳神経外科(脳卒中外科、脳脊髄腫瘍科、脳血管内治療科)・運営責任者
三大成人病のひとつであるの脳卒中はある時突然襲ってきます。発症した際は、迅速な専門医による診断と的確な治療が必要なため、近年は高度の治療を提供する脳卒中センターに搬送される救急システムが普及しており、小職が所属する埼玉医科大学国際医療センターにも、多くの脳卒中の患者さんが昼夜救急搬送されてきます(患者搬送数、脳卒中の手術数は全国一位)。
しかし、脳卒中の治療で最も重要なのはその予防なのです。脳卒中の多くは生活習慣病であり、高血圧や脂質異常症(高脂血症)、さらに糖尿病や、心房細動などの危険因子を日頃からお薬でコントロールし、MRI等で定期的に脳の状態をcheckする事が再発予防には必要ですが、大学病院などでは、長期的に通院加療を行うことは難しいのが現実です。今後は積極的な医療連携をお願いしたいと考えています。
Copyright(c)Brainpier Sakadonishi -All rights reserved. Design by http://f-tpl.com